浅科五郎兵衛米 耕作日誌

五郎兵衛米とは、長野県佐久市甲地区で作られたお米(コシヒカリ)です
佐久市甲地区は旧浅科村の上原・中原・下原のことです、古くは五郎兵衛新田村といいました
江戸時代に、佐久の賢人市川五郎兵衛さんが私財を投じて蓼科山系から用水を開削し水田へと変えました。

 五郎兵衛米のおいしさの秘密は
○ 土地が強粘土質 瓦の材料として使ってました
○ 天気・気候 日本有数の晴天率、標高が高く(700m弱)寒暖差が激しい
○ 五郎兵衛用水のおかげで水質が良く、水量が豊富
○ 野菜作りには不向きなためお米作りに先祖ががんばってくれた

 
今ではお米作りで生計を立てられる農家はほとんどいません
お米の値段(農協への供出価格)が半分ちかくになったのに、機械化で耕作費用はうなぎのぼり
田んぼを荒らすわけにいかないので専門業者に作ってもらうと・・・赤字です
そんなわけで自分の手間はタダと考え頑張って作ってます

 


更新情報
29年度耕作日誌 29.4.23   28年度耕作日誌 29.4.18



  浅科どんどん祭り

旧浅科村(現在佐久市)より続く、8月14日のお盆時期に行われるお祭り 浅科納涼花火大会も開催され
この地区最大のイベント

  • 浅科納涼花火大会
  • 魚のつかみどり つりぼり
  • ボート遊び 射的ゲーム ターゲットナイン
  • 浅科おんど 浅科太鼓
  • 浅科どんどん祭り画像 23年8月15日更新

 佐久市 浅科道の駅祭り

浅間山が一番きれいに見える道の駅を目指し 電線地中化を行い
さえぎるものなく浅間山が観賞できます

  • 浅科スタンプ会 おたのしみ抽選会
  • 商工会商業部会 ビンゴゲーム(景品もりだくさん)
  • 製造部会 射的ゲーム
  • 建築部会 ヤキトリ販売 木工教室
  • 女性部会 豚汁サービス 手作りパン販売
  • 青年部会 ワタアメ・ポップコーン販売

2010年道の駅祭り

過去の道の駅祭り


浅科五郎兵衛米 耕作日誌

29年度五郎兵衛米
苗作りの準備 肥料の入った土を箱に詰め種もみを入れます
今年は230箱 29.4.22









苗箱をハウスにふせます、粘土土で歩きにくいんですこれが

空気を通すシートをかけまして5日程じっと待ちます 29.4.22
今年は4人で1日で終わりました


田んぼを見ますとハゼかけ米は棒を仕舞う小屋があります

28年度五郎兵衛米
苗作りの準備 肥料の入った土を箱に詰めます
今年は240箱 28.3.20




種もみを箱に詰めます、均一に同じ量になるように 28.4.16





ハウスに敷きますので土を平らにします







五郎兵衛用水の引き込み口を手作りで作成



浅科中学昭和  
28.4.22 苗箱をハウスに敷き詰めます


28.4.22 苗も伸びてきました



田植えの季節 28/5/20


4条植えの歩行機 田んぼの中歩くんで大変です


28.5.20 田んぼ 左手に浅科中学校が見えます、向こうにうっすら美ヶ原





除草剤が少なめだったのでホタルイ(雑草)が出てきました
手で抜いたり転がし機で浮かせましたが取り切れません、3回位田んぼ這いずり回りました、やれやれ
28/6/30

そして畦草刈り、年6回位刈ります 28/8.4
仕事前に早朝刈りますんで近所迷惑にならないように電動草刈り機を導入





稲刈りの季節 28/9.30
浅間方面にある3反歩の田んぼ、天日干し(ハゼかけ米)です
ハゼかけは手間がかかりますがおいしいし、経済的です


待望の稲の脱穀 28/10.25
ワラも牛農家に売れます、ワラまとめるほうが手間かかりますが



モミの状態で保存しますと2〜3年平気ですね、美味しく食べられます
そして何よりハゼかけして自分たちで脱穀すれば100%自分の土地のお米が食べられます

28./12.12 秋ぶち 来年に備え最後の仕事






浅科  Phone: 0267-58-4606 Fax: 0267- 58-4606
2009 7.24 New Welcome to Homepage